瑞工房.COM

アフターコロナ世界が変わります、価値観が変わります。恐れずに変わりましょう!

スポンサーリンク

健康

アボガドを知ってますか?脂肪が多く糖が少ない数少ない果物の1つです

アメリカのアボカド価格が急騰 「アボカドは果物であり、脂肪が多く糖が少ない数少ない果物の1つです」とミネソタ州ロチェスターのメイヨークリニックヘルシーリビングプログラムのメディカルディレクターであり、栄養および予防医学の専門家であるドナルド…

紫外線光デバイスの安全性は大丈夫?コロナに直面した消毒・殺菌能力への需要増大

安全科学の世界的大手企業であるULとAmerican Lighting Association (ALA、米国照明協会)、National Electrical Manufacturers Association (NEMA、全米電機工業会)は、電機照明の安全性と性能に対する共通のコミットメントの一環として、COVID-19に直面し…

コロナウイルスの真実は?誰が言ってることを信じればよいのか? 誰にも忖度なく、利害にを超えて、胆力で発言できる人は誰なのか?免疫力を上げよう!

今日の武田邦彦の発言 東京のコロナ感染者数は4月から5月に集中。半数を超す人数が院内や施設内感染。 ☟朝日新聞の記事を一部抜粋。 東京都が新型コロナウイルスに感染した死者325人を分析したところ51.7%が医療機関内や福祉施設内で感染していたことがわか…

ポピドンヨード(イソジン),コロナ重症化を抑制か、これは本当か?

大阪府の吉村洋文知事と松井一郎大阪市長が今日午後の会見で新型コロナウイルス対策の一環としてポピドンヨードの含まれたうがい薬を使うことで重症化を抑制できる可能性があると発表しました。 あの明治ホールディングスのイソジン。ポピドンヨードを含むう…

ネットで新型コロナウイルスの抗体判定ができるって知ってました?

何がしかの意図があって不自然なコロナウイルス対策 もうすでにそれが何であるのか? まだ、オリンピックが諦めきれないのか?病院のスタッフの給与をカットしても平気な日本の政治家や専門家と称して忖度提言を唱える尾身なんとか会長呆れて考えるのも疲れ…

コロナ PCR たらい回し 受けれない 医療崩壊 人災

コロナ PCR たらい回し 受けれない 医療崩壊 人災 パンデミックがいよいよ本格的に 東京のPCR検査数864、陽性判明者131人。15%という異常に高い陽性率だ。アメリカと同等。都知事は陽性者数が増えると「検査が多いからだ」と言い訳し、陽性率が高いと「検査…

おいしくて最強の『コーヒー』を知っていますか?脳を守る『完全無欠コーヒー』

おいしくて最強の『コーヒー』を知っていますか?脳を守る『完全無欠コーヒー』 苦いだけのコーヒー メチャクチャ高額コーヒー コーヒーは好きなんです、たまにおいしいなと感じるコーヒーに出会いますよね。 セブンイレブンのコーヒーがメチャ気に入った時…

睡眠の悩み 目覚めがスッキリするアプリ「スリープサイクル」を知ってますか?

睡眠の悩み 目覚めがスッキリするアプリ「スリープサイクル」を知ってますか? 目覚めがメチャクチャ悪いんです。 寝るのは布団に入って、ラジオのスイッチを入れて内容に聞き入っていれば、10分以内に眠りに落ちてます。(多分?)翌日内容を全く覚えていな…

森口ひろ子プロテインマイスター プロテインひろ子 プロテインマイスターとは何

森口ひろ子 とは あの森口博子と違う人物でした。でも綺麗でした。 たんぱく質の正しい知識を普及している!推奨のプロテインフードとは?販売されている商品がいっぱいですね、本人のインスタにたくさんUPされていました。 本人のインスタグラム Hiroko / …

糖尿病と三価クロムの関係

三価クロムは糖尿病の予防薬になるクロム(Cr)の体内存在量は、体重60キログラムの成人でおよそ2ミリグラム、また一日の必要量は60マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1グラム)程度だといわれています。なおクロムは元素周期表の中で、重金属の部類に…

セレンの役割は体の免疫力を高めます。

セレンはからだの免疫力を高めるセレン(Se)の体内存在量は体重60キログラムの成人でおよそ11ミリグラムほどあります。また一日の必要量は40~200マイクログラム(1マイクログラムは1グラムの100万分の1)程度だといわれています。しかしセレンは鉄やカルシウム…

貧血予防に、鉄分だけでは不十分

貧血予防には銅も必要。式典などで長時間立っているとき、貧血で倒れることがあります。これは医学的にいうと血液中の赤血球数、血色素濃度がかなり減少した状態で、脳貧血が主なものです。この場合、すぐに鉄分の欠乏を思いうかべ、鉄分を投与しますが、鉄…

生殖能力の低下はマンガン不足かも

マンガンが欠乏すると生殖能力が低下する。マンガン(Mn)の体内存在量は、体重60キログラムの成人でおよそ20ミリグラム、また1日の必要量は5ミリグラム程度だといわれています。なお、私たちのからだにはおよそ60兆個の細胞がありますが、その細胞はすべてバ…

りんは生命力に大切なミネラル

りんは生命に最も近い三ネラルです。からだに存在するミネラルの中で、カルシウムに次いで2番目に多いのがりんです。存在量としては全体重のおよそ1.2%(1%という説もある)、また重さでみると体重60キログラムの人で、約700グラムになります。りんはその80%が…

亜鉛はアンチエイジング

要鉛を食べれば老人も若者に変身亜鉛の主な役割は、①酵素の補因子としての機能、②インスリンの貯蔵と放出、③血奨中のビタミンA濃度の適正化、④創傷の治癒と味覚の正常化、などがあります。ここで一番目の酵素の補因子としては、タンパク質を構成するアミノ酸…

眩暈の理由は鉄分かも

鉄分が不足すると貧血になります。体内に摂取される鉄分が不足すると貧血になることは皆さんよくご存知ですが、これは血液中の赤血球数、血色素濃度、ヘマトクリット値が正常より減少した状態のことをいうのです。また貧血の症状としては皮膚蒼白、動悼、目…

心臓の働きとカリウム

カリウムバランスが崩れると心臓が止まる カリウム(K)の存在量は全血液で200ミリグラム/デシリットル、血漿では20ミリグラム/デシリットル、神経組織では530ミリグラム/デシリットル、また細胞では440ミリグラム/デシリットル、筋肉組織では300ミリグラム/デ…

ナトリウムの働き

ナトリウムが欠乏すると筋肉がケイレンする。ナトリウムの主な役割は、細胞外液の酸、塩基のバランス維持、緩衝作用の主要因子としてのはたらき、細胞外液には食塩、炭酸水素ナトリウムとして存在します。その他は体液浸透圧の維持、神経の刺激伝達などがあ…

マグネシウムの働き 水道水がアルカリイオン水に代わる

マグネシウムは酵素の働きを活発にします。マグネシウム(Mg)の体内存在率はおよそ0.035~0.04%、重さでみると体重60キログラムの成人で2グラム程度になります。ただし一説によると、この値はもう少し低いともいわれています。またマグネシウムはカルシウムと…

カルシウムは骨の主成分

カルシウムは骨格をつくります。 人のからだに存在するミネラルの中で、最も多いのがカルシウム(Ca)です。存在量としては全体の約15%、重さでみると体重60キログラムの人でおよそ900gになります。 またカルシウムはその99%がりん酸塩、炭酸塩、フッ化物とし…

1日に必要な水分量は2リットル

人のからだは一日2リットルの水を必要とします。人間のからだの大半は水分でできています。たとえば、体重60キログラムの成人男性で、およそ36キログラム、これが成人女性の場合は30キログラム程度と、非常に多くの水分を含んでいます。それでは一日の必要量…

ミネラルはたんぱく質脂肪炭水化物を活性化する

大根の葉っぱを食べよう ミネラルは五大栄養素の一つとして位置付けされていますが、それ自身カロリーを有しません。したがって、いくらミネラルを摂ってもエネルギー源とはなりません。つまり、からだの直接のパワーとはならないのです。 しかし、ミネラル…

日本の土壌はミネラルが少ないのです。

日本は有数の火山国であり、年間降雨量の多い国です。 このため全国のいたる所で温泉が湧き、人々の生活に潤いを与えてくれています。しかし火山が多いということは、土壌に含まれるミネラルのかたよりも大きく、欧米に比べると著しく、その量も不足していま…

海はミネラルの宝庫

現在、地球上では103種類の元素の存在が確認されています。またその中で60から70種類のミネラル(生体微量元素)が、体内で活躍しているといわれています。ここで人間の成長や生命維持にどうしても欠かせないミネラルを必須ミネラルといい、これには6種類の元…

体に悪いミネラル

ミネラルは人間の体の成長、健康維持に非常に大切なものです。しかし、このミネラル、すべてが体内に必要かというと、必ずしもそうではなく、逆に人のからだを触む、有害なミネラルもあります。その代表に水銀とヒ素(As) があります。これらは昔からよく使わ…

酵素とミネラル

酵素とミネラルはからだのはたらきを活発にします。人間の細胞が、36C程度の低温(体温)ですばやく反応するためには、どうしても酵素の力を必要とします。ここで酵素とは生体によってつくられ、生体内で営まれる化学反応の触媒として作用する高分子物質のこと…

ミネラルの欠乏症と過剰症

ミネラルという栄養素は、私たちの健康維持や成長に欠かせないものです。それでは沢山摂ればよいのかというと、そうではなく、どのようなミネラルにも必ず適量というものがあります。これはカロリーを有するタンパク質や脂質、炭水化物の三大栄養素にもいえ…

ちょっとだけでもすごく働くミネラル

人のからだは元素の集合体 健康について関心が高い今日、小学生から年配の方までカルシウム(CA) や鉄分(Fe)、マグネシウム(Mg)などのミネラルが、健康維持に必要なことはよく知っています。 ここでミネラルのはたらきを大別すると、第一に、歯や骨格を形成す…

体の中で活躍するミネラル

沢山の三ネラルが体の中で使われているからだの発育や健康維持のために体液や、骨格、内臓その他の生体組織内に生体微量元素(ミネラル)が溶け込んでいます。 人のからだは元を正せばいろいろな元素の集合体です。 その中には水素や酸素、ふっ素や窒素などの…

五大栄養素とは

人や動物のからだはさまざまな食べ物によって維持されています。たとえば全身を支える骨格を造ったり、全身を覆う皮膚や爪、心臓や肝臓、腎臓、血液などを作ったり、またそれらのコントロール機能やその他、生きていくうえで必要なありとあらゆる生理作用を…


ライフスタイルランキング