水工房.COM

美味しい水のご紹介ブログ

スポンサーリンク

酵素とミネラル


ライフスタイルランキング

f:id:anshinda:20200424224144j:plain

酵素とミネラルはからだのはたらきを活発にします。
人間の細胞が、36C程度の低温(体温)ですばやく反応するためには、どうしても酵素の力を必要とします。
ここで酵素とは生体によってつくられ、生体内で営まれる化学反応の触媒として作用する高分子物質のことです。
生活細胞がつくるタンパク質のことであり、これは単純タンパク質、複合タンパク質(単純タンパク質と補因子の複合体)、オリゴマータンパク質などから構成されています。
また酵素は基質に対し、基質特異性を持ち、熱力学的に可能な化学反応だけを、水溶液中の希薄基質にスムーズに触媒する生体触媒の作用があり、生命の維持に深く関係しています。
その他酵素にはポリペプチドのみから構成される酵素と、低分子化合物や金属イオン(ミネラル)のような補因子を有するタンパク質から構成されているものもあります。
ここで酵素の触媒作用を説明すると次のようになります。
たとえば、ある物質Aから他の物質Bへの生体変化は、そのままでは全く進行しません。 これは反応の進行に、高いエネルギーの峠を越えなければならないからです。
そのためには、ここに何らかの活性エネルギーを必要とします。
この場合、そこに触媒を与えれば、エネルギー峠を低くすることができるので、その反応は進みやすくなります。
要するにエネルギー峠が低くなれば、A点からB点への移動が容易になるということです
このように人間のからだの中には多数の酵素が含まれ、いろいろな反応の触媒を促進しています。
また酵素が作用する化合物を基質と呼び、生体反応に先だって酵素と基質の複合体がつくられます。
さらに酵素はそれぞれ決まった基質とだけ複合体をつくる、いわゆる鍵と鍵穴の関係があります。
なお、ミネラルには酵素の成分や酵素を補助するよいミネラル(鉄、銅、亜鉛、セレン)と、これを阻害する悪いミネラル(鉛、カドミウム)もあります。


ライフスタイルランキング