瑞工房.COM

アフターコロナ世界が変わります、価値観が変わります。恐れずに変わりましょう!

スポンサーリンク

1日に必要な水分量は2リットル


ライフスタイルランキング

人のからだは一日2リットルの水を必要とします。
人間のからだの大半は水分でできています。
たとえば、体重60キログラムの成人男性で、およそ36キログラム、これが成人女性の場合は30キログラム程度と、非常に多くの水分を含んでいます。
それでは一日の必要量はいったいどれくらいになるのでしょうか。

これにはいくつかの学説がありますが、一般的には、一日2リットルから2.5リットルとされています。
ここで 水分といえばすぐにお茶や牛乳、それにスープ類を連想しますが、これには主食のパンやご飯、おかず、野菜などのすべての水分も含まれています。
また体内で生産される代謝水もこれに含まれます。
代謝水とは三大栄養素が体内で燃焼して生成する水のことであり、仮に100グラムの炭水化物が燃焼すると、そこには6グラムの代謝水ができます。

f:id:anshinda:20200501205412p:plain

これが、脂肪では107グラム、タンパク質では、41グラムとなっています。
したがって、人間が一日に摂取する水の量は、飲料水と食物から出る水分、それに代謝水を加えたものです。1日の代謝は成人で約250~300mLであす。
一方、排池もこれとほぼ同量になりますが、この場合、皮膚と肺から放出する不感蒸発(0.9~1リットル)を除いた量が、 尿として体外に排池されるわけです。
もちろんこの中には糞便中の水分(100~150ミリリットル)も含まれています。


ライフスタイルランキング